まるで女神な風俗嬢

ついついという気持ちでしたが…

ホームページで彼女を見かけた時は、正直そこまでそそられた訳じゃなかったんです。でも、本命にって思っていた風俗嬢がその日は受付終了。じゃあどうしようかなって思って彼女を指名したんです。彼女には申し訳ないんですけど、いわば滑り止めとして彼女を選んだんですけど満足度は結構なものになったかなって思っています。美人風俗嬢なのはホームページの画像からでも分かっていたんですけど、ホームページの画像よりもちょっと痩せていましたかね。それ以上にあの感度ですよ。少し触れるだけでもビクビクしてくれるので、自分がテクニシャンになったかのような錯覚もありました(笑)そしてそれが男心に火をつけた部分はありますよね。これだけ楽しめるのかと。それならもっともっと楽しんじゃおうって気持ちになるじゃないですか(笑)だからそこからはどんどんブレーキが壊れていって、自分を止めるものはありませんでした。その分、最高の時間を過ごせましたしね。